この度の熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  現在、当協会も早期の業務復旧に取組んでおります。 今後も余震等にお気を付けご自愛下さい。
ホーム >  ページ >  法定検査について >  法定検査(熊本方式)

法定検査(熊本方式)

熊本県においては、『定年周期方式』と『基本方式』により検査を行います。

定年周期方式

対象:50人槽以下の11条検査

内容:5年周期で検査を行います。

定年周期方式の模式図

 

 

  A地区 B地区 C地区 D地区 E地区
1年目 基本検査 定年周期検査 定年周期検査 定年周期検査 定年周期検査
2年目 定年周期検査 基本検査 定年周期検査 定年周期検査 定年周期検査
3年目 定年周期検査 定年周期検査 基本検査 定年周期検査 定年周期検査
4年目 定年周期検査 定年周期検査 定年周期検査 基本検査 定年周期検査
5年目 定年周期検査 定年周期検査 定年周期検査 定年周期検査 基本検査

 

 

※基本検査  :外観検査(全 75 項目)+ BOD を含む水質検査+書類検査
※定年周期検査:外観検査(重要 15 項目のみ)+ BOD を含む水質検査+書類検査

外観検査 重要 15 項目

 

 

1 水平の状況 6 送風機の稼動状況 11 流入管渠(路)の水流の状況
2 浮上又は沈下の状況 7 駆動装置の稼動状況 12 放流管渠(路)の水流の状況
3 漏水の状況 8 ばっ気装置の稼動状況 13 各単位装置間の水流の状況
4 槽上部、周辺構造状況 9 撹拌装置の稼動状況 14 消毒槽の汚泥の堆積
5 ポンプの稼動状況 10 汚泥返送、移送装置の稼動状況 15 消毒剤の有無

 

 

水質検査

pH(水素イオン濃度指数)、Tr(透視度)、Cl2(残留塩素濃度)、DO(溶存酸素量)、BOD(生物化学的酸素要求量)

書類審査

保守点検及び清掃の実施状況

 

基本方式

対象:7条検査または51人槽以上の11条検査

内容:外観検査(全75項目)とBODを含む水質検査及び書類検査を行います。

※掲載写真の無断転載を禁じます。情報公開日:2011/1/1 0:53 投稿者: [ 5011hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 6  件):     1  2  3  4  5  6    
ページ上部へ