この度の熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  現在、当協会も早期の業務復旧に取組んでおります。 今後も余震等にお気を付けご自愛下さい。
ホーム >  ページ >  くまもと便り[熊本県内の写真] >  谷水薬師(たにみずやくし)所在地:球磨郡あさぎり町

谷水薬師(たにみずやくし)所在地:球磨郡あさぎり町

谷水薬師(たにみずやくし)
谷水薬師(たにみずやくし)

日本七大薬師のひとつである谷水薬師は、奈良時代、聖武天皇の御代に行基菩薩が開山したや、桓武天皇の御領によって造営された六坊伽藍の名残である、との言い伝えがあります。

室町時代には在地の豪族、上村氏の菩提寺となり、谷水山東円寺の金堂として創建されたと言われています。上村氏の滅亡後、兵火や失火などでの焼失がありましたが、その都度村民の信仰心によって再建されてきました。明治30年の失火の際には、6体ある薬師如来像の一体から黄金仏がでてきています。この黄金仏は秘仏として、旧正月8日、春分の日、秋分の日、土用の丑の日に開帳され、県内外から多くの参拝者が訪れます。

山門には、自分が病んでいるところに紙を噛んで紙つぶてを作り、願いを込めて投げ、上手くつくと病気が治ると言われる仁王像が2体出迎えています。

地図  [KML] [地図表示]
住所球磨郡あさぎり町上南3266-11
※掲載写真の無断転載を禁じます。情報公開日:2010/6/30 20:36 投稿者: [ 4578hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 73  件):     1 ..  25  26  27  28  29  30  31  .. 73    
ページ上部へ