この度の熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  現在、当協会も早期の業務復旧に取組んでおります。 今後も余震等にお気を付けご自愛下さい。
ホーム >  ページ >  くまもと便り[熊本県内の写真] >  青蓮寺(しょうれんじ)所在地:球磨郡多良木町

青蓮寺(しょうれんじ)所在地:球磨郡多良木町

青蓮寺(しょうれんじ)所在地:球磨郡多良木町
青蓮寺(しょうれんじ)所在地:球磨郡多良木町

永仁3年(1295年)上相良家第3代相良頼宗が初代頼景公菩提のため創建しました。

厚い萱葺屋根の阿弥陀堂は、素朴な外観ながら重厚かつ雄健で、鎌倉時代の様式を今に伝える代表的な建築物です。

本尊の木造阿弥陀如来像、脇侍(きょうじ)の観世音菩薩立像、勢至菩薩立像は、鎌倉時代を代表する仏師「院玄」によって永仁3年に作成されました。これらは国の重要文化財に指定されています。

また、御堂裏には80基を超える五輪塔や板碑等石造物があり、この中の五輪塔の一つに「蓮寂」と追刻がみられます。
蓮寂は、建久4年(1193年)に遠州相良藩(静岡県榛原郡相良町)より下向した初代頼景の法名で、頼景の墓と伝えられています。いずれも上相良一族にゆかりの深い塔碑といわれ、一族の歴史を物語っています。

地図  [KML] [地図表示]
住所球磨郡多良木町大字黒肥地3992
※掲載写真の無断転載を禁じます。情報公開日:2008/12/26 8:53 投稿者: [ 4038hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 73  件):     1 ..  43  44  45  46  47  48  49  .. 73    
ページ上部へ