この度の熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  現在、当協会も早期の業務復旧に取組んでおります。 今後も余震等にお気を付けご自愛下さい。
ホーム >  ページ >  くまもと便り[熊本県内の写真] >  城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町

城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町

城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町
城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町

上球磨の豪族、久米氏の菩提寺として建立され、現在は阿弥陀堂だけが残されています。

城泉寺阿弥陀堂は鎌倉時代初期に建てられました。桁行・梁間ともに24尺3寸5分の小堂ですが、鎌倉時代の仏教文化を象徴する建物といわれ、寄せ棟造りの萱葺屋根が優美な曲線を描いております。

県内最古の木造建設で、国の重要文化財に指定されています。

本来は浄心寺と呼ばれていましたが、大正4年の仏像国宝指定の際、間違えて登録され、「城泉寺」となりました。

本尊の阿弥陀如来、脇侍の観音菩薩、勢至菩薩も鎌倉初期の作で、本堂とともに国の重要文化財の指定を受けています。春秋のお彼岸に合わせて御開帳もされてます。

境内にある七重石塔、九重石塔、十三重石塔も、鎌倉初期の造立ですが、欠損摩滅が少なく、同様に国の重要文化財に指定されています。

地図  [KML] [地図表示]
住所球磨郡湯前町
※掲載写真の無断転載を禁じます。情報公開日:2008/9/30 20:54 投稿者: [ 5626hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 73  件):     1 ..  46  47  48  49  50  51  52  .. 73    
ページ上部へ