この度の熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  現在、当協会も早期の業務復旧に取組んでおります。 今後も余震等にお気を付けご自愛下さい。
ホーム >  ページ >  くまもと便り[熊本県内の写真] >  日本一の大瓦モニュメント(にほんいちのおおがわらもにゅめんと)所在地:葦北郡

日本一の大瓦モニュメント(にほんいちのおおがわらもにゅめんと)所在地:葦北郡

日本一の大瓦モニュメント
日本一の大瓦モニュメント

佐敷城跡の発掘調査で出土した棟飾瓦(鬼瓦)の巨大モニュメントです。

佐敷は、薩摩街道と相良往還が分岐する交通の要衝の地として、南北朝のころから江戸時代初めまで、激しい攻防が繰り広げられました。

16世紀後半には佐敷城が築城され、加藤清正の重臣加藤与左衛門重次が城代を務めます。1615年一国一城令で廃城となり、さらに天草・島原の乱後に2度目の破壊をうけますが、要衝の地であることから、細川氏の時代になっても佐敷番代が置かれ、国境警備や異国船監視などの任務を果たしていました。

文字瓦には「天下泰平国土安穏(てんかたいへいこくどあんのん)」と刻まれており、このような文字瓦の出土例は他にはありません。平成10年3月には熊本県指定重要文化財に指定されました。

地図  [KML] [地図表示]
住所葦北郡芦北町佐敷204
※掲載写真の無断転載を禁じます。情報公開日:2007/3/30 21:37 投稿者: [ 4159hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 73  件):     1 ..  64  65  66  67  68  69  70  .. 73    
ページ上部へ