この度の熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  現在、当協会も早期の業務復旧に取組んでおります。 今後も余震等にお気を付けご自愛下さい。
ホーム >  ページ >  知ってる?浄化槽 >  浄化槽の使い方(家族のみんなが知っていてほしいこと)

浄化槽の使い方(家族のみんなが知っていてほしいこと)

浄化槽は、し尿だけでなく台所や風呂、洗濯などの生活雑排水もいっしょに処理します。それだけにさまざまな性質の汚水を処理する能力が要求されます。こうした状況を浄化槽を使用する家族のみんなが理解し、浄化槽が機能を十分に発揮できるように協力することが大切です。

登録を受けた保守点検業者と保守点検契約を、許可を受けた清掃業者と清掃契約をそれぞれ結んでください。また、指定検査機関に検査を依頼してください。

また、モーターの異音や、悪臭・放流水の濁りなど、異常や故障がみられる場合は、直ちに専門業者に連絡し、適切に処置しましょう。

台所で気を付ける事

・使った油は流しに流さず、凝固剤で固化させるか、新聞紙に染み込ませ可燃ごみとして出す。
・鍋や皿のひどい油汚れは紙で拭いてから洗う。
・三角コーナーや排水溝には細かいネットをかぶせる。
・米のとぎ汁は流さず、植木鉢や家庭菜園などの植物にあげる。

 

洗濯で気を付ける事

・洗剤は必ず適量をはかって使う。
・漂白剤は適量を使う。
・水の無駄使いに気を付ける。
(1人が1日に使う水の量は200~250リットルが目安です)
(水の使用量が多すぎると、処理水の水質が悪くなったり、清掃回数が増える恐れがあります)

お風呂で気を付ける事

・お風呂の残り湯は栓をななめにして少しずつ流す。
(排水口に取り付けるだけで、流量を調節する器具もあります。)
・イオウ分が入っている入浴剤は避ける。

トイレで気を付ける事

・紙おむつ、衛生用品を流さない。
・タバコの吸殻を流さない。
・トイレットペーパーを使う。
・タンクの中に物を入れない。
・塩酸等の薬品を使わない。
(普通のトイレ洗剤は大丈夫です。)

浄化槽で気を付ける事

・殺虫剤は使わない。
・ブロワ電源は絶対に切らない。
・ブロワの空気取り入れ口はふさがないようにする。
・消毒剤は定期的に補給し、切れないようにする。
・マンホールの上には物を置かない。
(保守点検・清掃・法定検査の際の支障になります)
・マンホールの蓋は必ず閉め、軽量蓋には鍵を掛けるようにする。

※掲載写真の無断転載を禁じます。情報公開日:2010/12/30 16:48 投稿者: [ 7777hit ]
このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 8  件):     1  2  3  4  5  6  7  8    
ページ上部へ