この度の熊本地震により被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  現在、当協会も早期の業務復旧に取組んでおります。 今後も余震等にお気を付けご自愛下さい。
くまもと便り[熊本県内の写真](73 件)

阿蘇神社(あそじんじゃ)所在地:阿蘇市
住所:阿蘇神社
阿蘇市一の宮町の名前の由来となっている肥後国一の宮の創建は紀元前281年といわれ、末社は全国450社を超えています。「火振り神事」は、国の重要無形民俗文化財です。
阿蘇神社(あそじんじゃ)所在地:阿蘇市
峠の岩清水(とうげのいわしみず)所在地:宇城市
住所:宇城市小川町東海東
かって小川町から九州中央部へと行き来をする物資の重要な要衝であった峠に、平成9年度「肥後の水資源愛護賞」を受賞した名水があります。
峠の岩清水(とうげのいわしみず)所在地:宇城市
天草四郎時貞(あまくさしろうときさだ)所在地:上天草市
住所:上天草市大矢野町中977-1
益田四郎時貞は、江戸時代初期(一説では1621年)に生まれたとされています。四郎の生涯は不明な部分が多いのですが、カリスマ性があり聡明で容姿も端麗だったといいます。
天草四郎時貞(あまくさしろうときさだ)所在地:上天草市
旧井芹家住宅(きゅういせりけじゅうたく)所在地:八代郡氷川町
住所:八代郡氷川町宮原栄久35-1
井芹家より分家した井芹三志氏の新宅です。創建年度は不明ですが、敷地内の宝蔵解体の際に「天保3年」の墨書きが見つかったことから、この頃の建物と考えられています。
旧井芹家住宅(きゅういせりけじゅうたく)所在地:八代郡氷川町
押戸ノ石(おしとのいし)所在地:阿蘇郡南小国町
住所:阿蘇郡南小国町中原
古代の神秘を感じされる場所が存在します。マゼノ渓谷の近く、標高845mの押戸石山です。この山頂には大小数百個の石群があり、最大の石が押戸ノ石と呼ばれています。
押戸ノ石(おしとのいし)所在地:阿蘇郡南小国町
池山水源(いけやますいげん)所在地:阿蘇郡産山村
住所:阿蘇郡産山村
日本名水百選のひとつが産山村にある池山水源です。大野川の源流で毎分30トンもの水が湧き出しています。地域住民の飲料水としても利用されています。
池山水源(いけやますいげん)所在地:阿蘇郡産山村
鼻ぐり井出(はなぐりいで)所在地:菊池郡菊陽町
住所:菊池郡菊陽町曲手
現在も24カ所が残っており、鼻ぐりによって生じる渦を見ることができる全国無類の遺構です。「鼻ぐり」と言う名称は、水流穴が牛の鼻輪を通す穴に似ていることに由来します。
鼻ぐり井出(はなぐりいで)所在地:菊池郡菊陽町
万江川渓谷(まえがわけいこく)所在地:球磨郡山江村
住所:球磨郡山江村万江
日本三大急流の1つ、球磨川の支流である万江(まえ)川の渓谷です。水が大変澄んでおり、たくさんの蛍を見ることができます。
万江川渓谷(まえがわけいこく)所在地:球磨郡山江村
松谷棚田(まつたにたなだ)所在地:球磨郡球磨村
住所:球磨郡球磨村松谷
鬼の口棚田は一勝地温泉かわせみ近く、そして鬼の口棚田の方から山を越え毎床へ出てすぐに松谷棚田が目に飛び込んできます。
松谷棚田(まつたにたなだ)所在地:球磨郡球磨村
塚原古墳群(つかわらこふんぐん)所在地:下益城郡城南町
住所:熊本市南区城南町塚原
江戸時代の地誌「肥後国誌」や「肥後見聞雑記」に「塚原村に九十九塚あり・・」と書かれ、古くから存在が知られた熊本県内最大の古墳群、それが塚原古墳群です。
塚原古墳群(つかわらこふんぐん)所在地:下益城郡城南町
高瀬裏川(たかせうらかわ)所在地:玉名市
住所:玉名市高瀬
現在は「高瀬裏川水際緑地公園」として整備され、高瀬裏川に沿って植えられている花しょうぶ6万6千本が咲き、初夏の訪れを告げています。
高瀬裏川(たかせうらかわ)所在地:玉名市
熊本県農業公園カントリーパーク 所在地:合志市
住所:合志市栄3802-4
公共の施設なのに、レジャー施設のように熊本県民の集いの場となっているのが「熊本県農業公園カントリーパーク」です。一日中、楽しく遊べる施設となっています。
熊本県農業公園カントリーパーク 所在地:合志市
熊本城(くまもとじょう)所在地:熊本市
住所:熊本市中央区本丸
日本三代名城のひとつ、加藤清正によって約7年の歳月をかけ築城された熊本城(別名銀杏城)は、平成19年には築城400年を迎えました。
熊本城(くまもとじょう)所在地:熊本市
肥後古代の森(ひごこだいのもり)所在地:玉名郡和水町
住所:玉名郡和水町
若園台地からは縄文時代の貝塚や土器、石器が出土し、既に集落があったことを物語っています。江田船山古墳の石棺保存施設は、内部を自由に見学することができます。
肥後古代の森(ひごこだいのもり)所在地:玉名郡和水町
年の神水源(としのかみすいげん)所在地:玉名郡玉東町
住所:玉名郡玉東町上白木
白木川の水源で、公園として整備されており、地元では「年の神さん」として親しまれています。夏場には公園内の池や遊具で遊ぶ、家族連れの姿を多くみかけることができます。
年の神水源(としのかみすいげん)所在地:玉名郡玉東町
青蓮寺(しょうれんじ)所在地:球磨郡多良木町
住所:球磨郡多良木町大字黒肥地3992
本尊の木造阿弥陀如来像、脇侍(きょうじ)の観世音菩薩立像、勢至菩薩立像は、鎌倉時代を代表する仏師「院玄」によって永仁3年に作成されました。これらは国の重要文化財に指定されています。
青蓮寺(しょうれんじ)所在地:球磨郡多良木町
青井阿蘇神社(あおいあそじんじゃ)所在地:人吉市
住所:熊本県人吉市上青井町118
熊本県初であり、日本最南端国宝建造物である青井阿蘇神社。平成20年6月、九州の神社では大分県宇佐八幡宮本殿について2番目に指定されました。
青井阿蘇神社(あおいあそじんじゃ)所在地:人吉市
白龍王橋・白龍妃橋(はくりゅうおうばし・はくりゅうひばし)所在地:球磨郡水上村
住所:球磨郡水上村江代1485-4
この遊歩道には、雄滝に白龍王橋(全長164m)、雌滝には白龍妃橋(全長120m)が架かり、自然と吊橋を気軽に親しむことができるようになっています。
白龍王橋・白龍妃橋(はくりゅうおうばし・はくりゅうひばし)所在地:球磨郡水上村
城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町
住所:球磨郡湯前町
上球磨の豪族、久米氏の菩提寺として建立され、現在は阿弥陀堂だけが残されています。県内最古の木造建設で、国の重要文化財に指定されています。
城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町
雨宮の森(あまみやのもり)所在地:球磨郡相良村
住所:球磨郡相良村川辺
丸くこんもりとした所は人気アニメで見た「鎮守の森」にそっくりです。鎌倉時代に創建された神社で、国の重要文化財に指定されています。
雨宮の森(あまみやのもり)所在地:球磨郡相良村
白滝公園(しらたきこうえん)所在地:球磨郡五木村
住所:球磨郡五木村白岩戸
「五木の子守唄」で有名な球磨郡五木村。平家の落人伝説でも有名な所で、九州山地の山岳地帯にあります。岩内部には鍾乳洞もあり、見学も可能となっています。
白滝公園(しらたきこうえん)所在地:球磨郡五木村
祇園橋(ぎおんばし)所在地:天草市
住所:天草市船之尾町
この付近は、寛永14年天草・島原の乱で天草四郎率いる一揆軍(キリシタン軍)と、富岡城番台三宅藤兵衛の肥前唐津軍(幕府軍)が激突、大激戦が行われた場所になります。
祇園橋(ぎおんばし)所在地:天草市
富岡城(とみおかじょう)所在地:天草郡苓北町
住所:天草郡苓北町富岡本丸
富岡城は関ヶ原の戦いの後、肥前唐津藩主の寺沢広高によって慶長7年(1602年)に築城されました。現在は「富岡ビジターセンター」として歴史や文化の展示施設となっています。
富岡城(とみおかじょう)所在地:天草郡苓北町
六殿神社楼門(ろくでんじんじゃろうもん)所在地:下益城郡富合町
住所:熊本市南区富合町
釘を1本も使用しないことから、釘なし楼門とも呼ばれ、入母屋(いりもや)造の2階建てで、縁の腰組が二手先、三手先、屋根は一重の茅葺となっています。
六殿神社楼門(ろくでんじんじゃろうもん)所在地:下益城郡富合町
一ツ目水源(ひとつめすいげん)所在地:山鹿市
住所:山鹿市
眼病の神様として有名な一ツ目神社の奥に一ツ目水源はあり、毎分2トンもの水量豊富な水が、湧き出しています。「くまもと名水百選」にも選ばれています。
一ツ目水源(ひとつめすいげん)所在地:山鹿市
御手洗さん(みたらいさん)所在地:鹿本郡植木町
住所:熊本市北区植木町清水
御手洗さんの由来は、神功皇后(じんぐうこうごう)が4世紀、朝鮮半島への遠征途中に立ち寄られ、手を洗ったと言う伝説からきています。
御手洗さん(みたらいさん)所在地:鹿本郡植木町
白糸の滝(しらいとのたき)所在地:阿蘇郡西原村
住所:阿蘇郡西原村
熊本市内中心部から車で約1時間の場所にも関わらず、辺り一帯は夏場でも涼しく、暑い夏には避暑に訪れるのに良い所です。
白糸の滝(しらいとのたき)所在地:阿蘇郡西原村
高森湧水トンネル(たかもりゆうすいとんねる)所在地:阿蘇郡高森町
住所:阿蘇郡高森町大字高森1034-2
阿蘇五岳の南麓に広がる高森町は、熊本県の白川、宮崎県の五ヶ瀬川、大分県の大野川、3県に流れる川の最上流域にあたり、分水嶺(ぶんすいれい)を有する水源地域です。
高森湧水トンネル(たかもりゆうすいとんねる)所在地:阿蘇郡高森町
日本一の石段 御坂遊歩道(みさかゆうほどう)所在地:下益城郡美里町
住所:下益城郡美里町坂本地内
表参道である御坂遊歩道の石段は3333段あり、日本一長い石段です。日本一の石段は町おこしのシンボルづくりを狙って建設されたもので、昭和63年3月末に完成しました。
日本一の石段 御坂遊歩道(みさかゆうほどう)所在地:下益城郡美里町
熊本県庁跡(くまもとけんちょうあと)所在地:上益城郡御船町
住所:上益城郡御船町
明治10年の西南の役により、県庁・裁判所職員達は、ぞくぞくと乗り込む士族たちのただならぬ様子や、薩摩郡・旧士族らの包囲に危険なものを感じ、公金や書類を守って逃げ出しました。
熊本県庁跡(くまもとけんちょうあと)所在地:上益城郡御船町
31 - 60 件目 ( 73 件中)    1 2 3
ページ上部へ