※この画面は印刷専用画面です。

城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町

城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町
城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町

上球磨の豪族、久米氏の菩提寺として建立され、現在は阿弥陀堂だけが残されています。

城泉寺阿弥陀堂は鎌倉時代初期に建てられました。桁行・梁間ともに24尺3寸5分の小堂ですが、鎌倉時代の仏教文化を象徴する建物といわれ、寄せ棟造りの萱葺屋根が優美な曲線を描いております。

県内最古の木造建設で、国の重要文化財に指定されています。

本来は浄心寺と呼ばれていましたが、大正4年の仏像国宝指定の際、間違えて登録され、「城泉寺」となりました。

本尊の阿弥陀如来、脇侍の観音菩薩、勢至菩薩も鎌倉初期の作で、本堂とともに国の重要文化財の指定を受けています。春秋のお彼岸に合わせて御開帳もされてます。

境内にある七重石塔、九重石塔、十三重石塔も、鎌倉初期の造立ですが、欠損摩滅が少なく、同様に国の重要文化財に指定されています。


一覧用コメント上球磨の豪族、久米氏の菩提寺として建立され、現在は阿弥陀堂だけが残されています。県内最古の木造建設で、国の重要文化財に指定されています。
ホームページURL

城泉寺(じょうせんじ)所在地:球磨郡湯前町-公益社団法人 熊本県浄化槽協会)